和尚のミニ法話

光照寺の和尚によるミニ法話をお届けします。

和尚様和尚様2

2016/01/08

たすきをつなぐ(2)

以前中学校に勤務していたとき、卒業時に配布する生徒会誌に巻頭言として寄稿した文を紹介します。

『正月の風物詩でもある箱根駅伝では、時々アクシデントがあります。数年前の話です。二日目の復路、先頭を快走する順天堂大学7区のランナーは順調に次の選手にたすきを渡すかに見えました。しかし、中継所まで残りわずかとなった時、体調に変化が起きたのです。テレビでは「ちょっとスピードが落ちたようですね。」「表情が苦しそうです。」と伝えています。見る見る間にランナーの足元はもつれ出し、道路の左右をフラフラし始めます。路肩を越え、沿道の観客に接触しそうになります。「アー、これはおかしい。どうしたことか。」アナウンサーが叫びます。後続車から監督さんが降りてきて選手に駆け寄り、水を差し出します。脱水症状だったのでしょうか。給水を得たランナーが真っ直ぐに走り出します。しかしそれもつかの間、再び足がふらつき始めます。表情もうつろな感じです。懸命に走っているのでしょうが歩行より遅いスピード。監督が再び水を与えるとまた走り出す。その繰り返し。後続の大学の選手に抜かれ、順位もどんどん下がってしまいました。解説者も「個人のレースなら止めていますね。監督も抱きかかえてやめさせていますよ。」とランナーが危険であることを述べています。沿道の人はもちろんテレビ桟敷の多くの人もハラハラドキドキです。私もテレビを見ていて「もういいよ。がんばったよ。今止めても誰も君を責めたりしないよ。」と声をかけたくなってしまいました。でも彼は足の歩みを止めることをしません。たすきをぎゅっと握りしめて、次のランナーに渡すまでは倒れたって走る、そんな決意で一歩一歩踏み出します。
選手はなぜ走るのか。解説者は、「これがたすきの重さです。みんなでつないできたたすきですからね。」と言います。たすきの重さとは何でしょうか。1区から走ってきた選手たちの汗はもちろん、今日走れなかった部員や多くの関係者の希望が託されています。選手を支えてきた友人や家族、部の発展に貢献してきてくれた多くの人の心。それは、過去何年にも渡って築き上げてきた母校の伝統そのものだと言ってよいかも知れません。
ランナーは「たすきの重さ」を十分に知るが故に、「たすきをつなぐこと」に命懸けになるのです。見ている私たちも、こんな場面に出会うと、胸が締め付けられながらも、たすきが無事つながることを願わずにはいられないのです。
8区の中継所が見えてきました。次のランナーが手を上げて待っています。彼はヨロヨロ、フラフラしながら何とかたすきをつなぐことができました。つないだ瞬間、タオルにくるまれて道路に倒れてしまいました。中継所にいた多くの観衆から、拍手や安堵の声や泣き声まじりの大声援が湧き起りました。私の目からもポロポロと涙がこぼれました。「よかった。ほんとによかった。」そう思いながらも、今度はたすきを受け取った8区の選手が気がかりです。余りに重いたすきを受け取った心境はどうであろうと心配になりました。でも、口をぎゅっと真一文字に結んで軽快にテンポよく走る姿が映し出され、ほっと気が楽になりました。
「たすき」は駅伝選手だけがつなぐものではありません。つなぐべきたすきは誰でもが持っています。あなたの精一杯のがんばりを受け継ごうと待っている人が必ずいます。あなたの努力し続ける姿を目標にして、それに続こうとする次の人がいるのです。あなたの懸命な姿を見て、大声援を送ってくれる人は大勢いるのです。』

卒業生から1・2年生へのバトンタッチを意図して書いたのもですが、「相承」「正伝の仏教」にまさしく通づることでもあると思っています。
 

2016/01/06

相承 ~たすきをつなぐ~

新年あけましておめでとうございます。皆様にとりましてよき一年となりますよう祈念しております。
大本山總持寺二祖峨山禅師650回大遠忌が昨年10月に無事円成しました。ご遠忌のテーマは「相承(そうじょう)」。正しく受けつないでいくということです。
正月のスポーツイベントである箱根駅伝は、この「正しくうけつなぐ」ということの重さと大切さを深く心に刻んでくれます。私は年始回りの途中、カーナビのTVでところどころ見ていました。神奈川大が4秒足りずにたすきが途切れてしまった場面をちょうど見ました。10区の選手が待ち構える15メートル手前で繰り上げスタートとなってしまいました。たすきを渡す方も受け取る方も互いに相手の姿は見えていました。なのに渡すことができなかったのです。なんという残酷な現実。9区の選手は号泣していました。泣き声はマイクを通してTVから聞こえてきました。思わず私ももらい泣きしてしまいました。(泣くな若者!次はきっとつなげるから。)
仕事や家庭に後継者がいないことが大きな問題となっている昨今です。伝統文化の引継ぎもままならないという話もよく聞きます。それなのに、後継者がいてもつなげない現実は非情です。
宝鏡三昧という経典の結びに「只能く相続するを主中の主と名づく」とあります。まさしくその通りだなと感じ入った今年の箱根駅伝でした。

2015/12/27

門松と七五三

今年は暖冬傾向で、もうすぐお正月という気分にはなかなかなれないのですが、例年のように、また今年もNさんとHさんから門松を立てていただきました。地域子供会で作った後の流れで、光照寺の分もつくっていただきました。すごく立派ですばらしい出来栄えです。Nさんは30基余もつくられるそうですがそのほとんどが報酬をあてにしないボランティアだそうです。真似のできないことです。本当にありがとうございました。
さて、その門松の土台にコモが巻かれていますが、コモに巻く縄の本数をご存じでしたか。下から7本、5本、3本です(写真では確認しずらいですが)。七・五・三ですがきっと何か意味があるのでしょうね。
七五三と言えば子供の成長を願った神社へのお参りごとですが、お寺にも「七五三」はあるんですよ。ちょっと専門用語なので坊さんにしかわからないことなのですが、法要の開始に本堂内にある半鐘(殿鐘でんしょうと言います)を打ちますが、この数が7・5・3なのです。
まず中・中・小・大と4声打ちます。これを「打ち出し」と言います。第一会目は、カーン、カーン・・・と7声打ってからカンカンカン・・・・と速く打ちます。本堂内の準備ができたという合図です。第二会目は、カーン、カーン・・・と5声打ってから同様にカンカンカン・・・と速く打ちます。僧衆が出てきて導師を迎える準備ができたという合図です。第三会目は3声打ってから速く打ち上げます。導師が入堂する準備ができたという合図です。
ことこのように七五三は坊さんにも縁のあることなのです。(一般の方からすると、それで? なのでしょうが・・・)

2015/12/17

おもしろうて やがて悲しき シルバー川柳

三条市シルバー人材センターの「生涯現役カレンダー」が各戸に配布されました。毎月のカレンダーにシルバー川柳が一句ずつ載っていました。いずれはシルバー世代に仲間入りする身としては「おもしろうて やがて悲しき」でした。いくつか紹介します。

年賀状 出さずにいたら 死亡説 (島根県47歳女性)
 「たよりのないのはよい知らせ」は若い人のことで、シルバー世代は違うんですね。

マイナンバー ナンマイダーと 聞き違え(山梨県67歳男性)
 単純におかしくて吹き出してしまいました。宗教法人にもマイナンバーがあるんですよ。この先、お寺もびっちりと管理されるのでしょうか。

俺だって 死ねば弔辞で 褒められる(千葉県72歳男性)
 弔辞を読んでもらえる葬式ができるかどうか。最近は弔辞のないほうが圧倒的に多いですので、多くの人は褒められることのないまま旅立つことになるのでしょうか。通夜法話にはこの役も担っていると思っています。

 

 

2015/06/26

あじさいが見頃です。

庫裡の玄関に鉢植えのあじさいをたくさん並べました。見頃です。
あじさいも品種改良が進んでいてさまざまな種類があるようです。並んでいるのは、「万華鏡」「ウエディングブーケ」「ピーターパン」「ダンスパーティ」「シュガーホワイト」「アリラン」・・・等々。品種名の不明なものもあります。挿し芽をしてたくさん増やしました。どうぞ見に来てください。
あじさいは七変化というとうり、土壌によって花の色が変化します。買ってきたときは赤色だったのに、挿し芽で増やしたら紫色になってしまったり、鮮やかな青色だったのにくすんだ色になってしまい見ごたえがなくなったりと、なかなか難しいものです。
今年もすでに挿し芽作業を行っています。来年はもっとたくさんのあじさいで囲まれた寺にしたいと思っています。
お寺にあじさいは似合いますよね。

7月12日の「松尾与十郎忌法要」においでの方に、あじさいの挿し木苗(2年もの)をプレゼントいたします。